操体・操体法とは

 

操体・操体法とは

Dr. Keizo Hashimoto

Dr. Keizo Hashimoto

昭和初期に仙台の医師、橋本敬三(1897-1993)がさまざまな民間療法を試すうち、高橋辿雄氏の正体術(整体とは異なる)にめぐり合い、創案・体系づけたもので西洋医学、東洋医学とも異なる、いわば日本医学とでもいうべき未病医学に基づく、診断、臨床法である。

操体法の初期は、正体術と類似する方法がとられ、客観的に骨格、関節の構造を診て、運動系の歪みを正す試みがなされていた。その方法は、骨格、関節の動きを二者択一的に比較対照させて分析し、辛い方から楽な方へからだを操つり、運動系の歪みを正すことによって、疾患、症状の治癒、改善をはかってきた。

その後、客観的な見方からはなれ、生体の内部感覚に基づいて、生体のフィードバック機能をより洗練させていくため、快適感覚をより重視するようになった。結果、操者の決めつけを操法から一切排除し、からだの要求感覚に委ねる臨床への対応が急速に進められてきた。また、その一方で、患者の意識を介さず、からだの無意識に直接快適感覚をききわける皮膚体壁系へのアプローチも体系化されてきている。

操体法には、他に類をみない特徴がある。それは、診断も治療も患者自身に委ねていることである。つまり、患者自身が医療者の立場に立つことで、患者本人が診断し、治療する。本来、治療とは施術者が診断し治療する行為である。操体法の場合、施術者と患者の立場が逆転している。操体法は、それ由、患者自身の自力自療が成り立つ。

なぜ、自力自療が可能なのかというと、本人にしか分からない(認識、識別できない)感覚を診断、治療の要にしているからである。感覚をからだにききわけること、ききわけた快適感覚を操つり味わうこと、これが操体法、臨床の特徴である。「ききわけること、味わうこと」これは、患者本人の責任分担であり、第三者(施術者)が直接介入することのできない診断と治療なのである。操体臨床における第三者の役割は治療に直接介入する立場ではなく、指導及びサポートしていく立場に立つだけである。

 

 ■原則は"自力自療"

操体法の特徴の1つは治すことまで関与しないこと」であるどう言う意味かというと、治すことはからだが一番よく知っているということであり、「治すことはからだにまかせればよい」のである。治すことまで関与するから臨床そのものが、難しいものになってくるのである。

からだが治す、治せる力とは、生命力である。その自然治癒力とはからだに、ききわけた、快適感覚そのものであり、操体法は、この生命感覚の快に従う臨床医学である。正確には操体法は手技療法とも、治療医学とも言えるものではなく、操体法の創始者である橋本敬三医師の言葉をお借りすれば「未病医学に基づく健康維持増進の医学」と言えるのではないだろうか。

又、操体法の特徴の1つに「症状、疾患にとらわれない」ことが上げられる。操体法には○○疾患、△△病を治す、という発想がないことである。「生活の間違いからおこるからだの歪みを正し、健康の元を正す」ことが症状、疾患に対する操体法のとらえ方の原点になっている。そのため、からだの診方、症状、疾患のとらえ方が「運動系の歪みという異常状態(病態変化)から構造運動力学的に把握しているのである。

近年の操体法は、筋、骨格系のみならず、内臓筋系の不随意筋への問いかけ、皮膚を介して、からだの無意識に問いかけていくことによって、より質の高い快適感覚の診断が可能となり、あらゆる症状、疾患に幅広く対応できるようになってきていることで、介護や精神科的疾患を対象にする機会も非常に多くなってきている。

(以上手技療法年鑑 2008年度版より。三浦寛編)

 

 

 ■操体法とは(ウィキペディア:Wikipedia)より

操体法は、仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)が 高橋迪雄(みちお)の正体術など民間の健康法をみずから実践し、肉体の変化が進む過程で何が起きているかをつかんだ結果うまれた健康法・治療法。具体的には、痛みやつっぱりを感じるとき、痛い方向・つっぱる方向から、痛くない方向・つっぱりを感じない方向にゆっくり動かし、最後にすっと力を抜くと歪みが解消されるという方法を採る。

(第一分析。第二分析以降では、瞬間急速脱力ではなく、からだの要求感覚に委ねた脱力を促す)

初期の理論(著書に詳しい)では、客観的に骨格構造を観察して、運動系の歪みを修正(治療)することを主題としているのが特徴。その後、客観的な見方を離れ、個々人の内部感覚(快・不快)にもとづいて、生体のフィードバック機能を洗練させることが重要であることをより強調する形になった。現在では、より質の高い快適感覚を「からだ」に聞き分け、味わうという感覚分析をするようになってきている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

■操体法とは(その他より)

操体は、西洋・東洋医学にはないものを持っている。それは『ボディーの歪み』という認識である。操体は治療医学ではない。未病医学に基づいている、健康維持増進医学である。操体は、自力自療(第三者が介入しない)である。他力的療法はいくら素晴らしくとも、患者には施せても、自分にはとおせない。操体は何故、『自力自療』というのに、何故施術者がいるのか?それは、自力自療が自分では叶えられない方、あるいは自力自動では間に合わない方の為に、プロが存在する。そのような方の自力自療を促すような指導・サポートを担うエキスパートが必要なのである。

 

治療 → 患者の要求を満たす。症状・疾患を治す

自療 → からだの要求を満たす。ボディーの歪みを診断し、快のききわけをとらせ、正体に正す。

人体というのは、基礎構造を有する動く建造物である。単に形態観察だけではだめで、動かしてみなければ、わからない。この動かして診る、というのが動診学(運動分析)である。

[tmkm-amazon]4925181335[/tmkm-amazon]

[tmkm-amazon]4422932918[/tmkm-amazon]

Copyright© 2011-2017 Hiroshi Miura All Rights Reserved.

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-36-3 ルミネ三軒茶屋105号
電話/FAX:03-3414-0340