2019年 操体法講習のご案内

2019年6月開講

53周年記念 操体法臨床講座開設

からだのバランス制御をはかる新たな臨床への取り組み

第五分析全面公開

 

2019年は、操体法東京研究会主宰、三浦寛が操体臨床に携わって53年目となります。操体法東京研究会は1978年に設立され、多くの操体法指導者・実践者を育成してきました。

なお、今回の講習は「第五分析」をメインに致します。

 

 

 

 

 

 

 

★操体一覧。日本国内外で行われているのは主に第一分析と「迷走分析」です。

 

第五分析の大きな特徴

「動診・操法の数が大幅に減った」

「運動分析、感覚分析の必要がなくなった」

ということです。この二つは、操体を学ぶ、あるいは実践者にとっては大きな問題でした。
この二つが解消されたということは、操体臨床を行う上での大きな進歩となりました。

 

快適感覚(きもちよさ)について

第五分析では感覚分析が不要になりましたが、だからといって、操体から「快適感覚」の存在が消えたわけではありません。第五分析においても被験者は、快適感覚をききわける可能性は十分あります。また、引き続き第二分析から第四分析では「快適感覚(きもちのよさ)」は重要です。

さらに、単なる「きもちのよさ」ではなく、「質の高いきもちのよさ」でなければ、臨床効果が高められません。当講習では「質の高い快」についても時間を割きます。

 

操体法東京研究会以外でも「きもちのよさ」をうたっているところがありますが、

「操者の押しつけ」「操者の決めつけ」によって、被験者が「きもちのよさがないのにきもちいいか、と強要された」「きもちの良さがわからないと言ったら、指導者に不愉快な顔をされた」という話を聞いたことがあります。

これらのようなことが何故起こるかというと、操者(指導者)が、「どのように、快適感覚の有無を被験者に問いかけるのか」というスキルが不足しているからです。

「きもちのよくない、あるいはきもちのよさを感じられない」動診をされているのに「きもちいいですか」と何度も聞かれると

というような、ネガティブな感情を抱きます。

このような残念な状態を防ぐために、操体法東京研究会では「快適感覚(きもちのよさ)の問いかけ方を、「楽と快の違い」とともに、指導致します。

 

操体臨床家への登竜門。操体法東京研究会

1978年設立 のべ2100名以上の受講生が操体を学ぶ

主宰 三浦寛(人体構造運動力学研究所 所長)

設立当初より、操体の創始者、橋本敬三医師が顧問をつとめる

永代名誉顧問 橋本敬三医師

操体法東京研究会の定例講習に参加して(2019年版)

操体の講習を受けて(2019年版)

 

操体法東京研究会で学べること

 

操体法東京研究会の講習の特徴

  1. 理論(操体理論。第一分析から第五分析、連動理論など)、橋本敬三哲学
  2. 実技(介助・補助、動診・操法)
  3. ツール(操体的なからだをつくる。作法、連動、言葉の誘導法、臨床家の手をつくる、視診・触診法、動診の選択方法など実技を効果的に行うための基板づくり。日常的なセルフケアから臨床まで指導できる力)

これらが全て学べるのは、操体法東京研究会だけです。

殆どの操体法講習会では実技(動診・操法)しか指導していないのが現状です。やり方だけでは、実際の臨床に活かせません。

 

操体を学ぶと得られること

 

53周年記念 操体法臨床講座開設

からだのバランス制御をはかる新たな臨床への取り組み

第五分析全面公開

 

 

住所、氏名、年齢、職業、国家資格及びそれに準ずる資格を保有の場合は記載してご連絡下さい。

 

 

    あるいは 03−3414−0340(TEL/FAX)

〒154−0024 東京都世田谷区三軒茶屋1−36−3 ルミネ三軒茶屋105号 

三浦寛 まで

操体法東京研究会の定例講習に参加して(2019年版)

Copyright© 2011-2019 Hiroshi Miura All Rights Reserved.

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-36-3 ルミネ三軒茶屋105号
電話/FAX:03-3414-0340